便秘症の人って実は高齢者の方に多いらしい。重病のアラームとしても重要らしい。

Pocket

便秘症って比較的若い女性の方に多いって勝手に考えていたんですが、その認識が間違っているという記事を見ました。

 ニフティニュース 
実際は60歳以上男性に多い便秘症、国内初のガイドライン制定|ニフティニュース
https://news.nifty.com/article/item/neta/12180-631198/
 便秘に悩む人は多いが、便秘で病院を受診する人は少ない。理由として市販の便秘薬が数多く販売されていることや便秘の専門外来が少ないことも挙げられる。便秘症はダイエットなどで食事制限をする若い女性に多いと…

まとめると以下になります。

  • 60歳を境に便秘症患者が急増し、女性よりも男性が多くなる。
  • 便秘症の患者の平均年齢は約78歳と高齢だ。
  • 高齢化社会を前に、初の便秘症のガイドラインが制定された。
  • 厚労省は1日の食物繊維摂取量を20グラムと推奨しているが、特に若い女性は1日約3グラムしか摂っていない。
  • パーキンソン病の初期症状は頑固な便秘である。
  • アルツハイマー型認知症になると便秘が始まる。
  • 糖尿病性神経症患者も便秘が多い。
  • 薬の副作用による便秘も多い。モルヒネ等
  • 大腸がんの初期でも便秘になることがある
  • 酸化マグネシウム製剤には重篤な副作用も出ており、特に高齢者に対する使用には注意が必要だ。

便秘症は元来病気という認識が低く、なんとなくすっきりしないから便秘薬でも出しておきます、程度の処方が主でした。病院にも便秘外来のような専門組織はほとんどありませんでした。

今回のガイドラインの制定によって日本でも便秘に対する意識が変わって欲しいと個人的には思いました。

便秘になってその後パーキンソン病やアルツハイマー型認知症になることだってあるわけですから便秘ってある意味アラームですよね?

アラームを認識したらやっぱり対策をしないとまずいと思う訳ですよ。

だったらまず腸内環境を改善するために具体的に行動すべきです。

いきなり病院に通うのは抵抗あると思うんですよ。

だったらまずは安全な便秘解消サプリメントで腸内環境を改善してみましょう。

私が愛用している乳酸菌革命なら安全且つ確実に腸内環境を改善してくれます。

乳酸菌革命

一カ月経っても何にも変化がなければ他の病気のアラームかもしれませんから、ためらわず病院に行きましょう。

また気になるニュースがあったら展開します!

人気ブログランキング

応援ポチよろしくお願いします!


便秘改善ランキング

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする